Voice
バックナンバー バックナンバー
Vol.1 Vol.2 Vol.3  
女子大生の生声 2009
大阪・神戸・京都に住む現役4回生の皆さんに袴の試着体験をして頂きました。
お店側の視点ではない、リアルな同世代の声をじっくりご覧ください!
試着体験レポートをしてくれるのはこの3名!
今回のテーマは「タイプの違う着物と袴を着比べる!」
それぞれ2枚の着物と袴を選んで着比べてもらうことにしました。
着物と袴を選んだらさっそくセットメイク。
そして、いよいよ試着スタート!
試着レポート1 太田裕美さん(関西福祉科学大学)
Type1 Type2
黒地の着物で大人っぽく見られたい 白地の着物なら柄は華やかなものに
試着レポート2 佐藤満里奈さん(関西学院大学)
Type1 Type2
おもいっきり目立っちゃえ 大きな柄で細さをカバー
試着レポート3 川田沙織さん(同志社女子大学)
Type1 Type2
式典らしく清楚にするなら紫 普段選ばない緑で友達に絶対負けない
川田さん ネットの場合、試着するわけではないので、冒険はしにくいかも。
佐藤さん でも、ネットの方が、友達みんなと見れるっていうメリットがあるよね。
お店にいくと、お母さんしかアドバイスしてくれないし・・・。
太田さん 私は、親とか店員さんの意見にすぐ流されちゃうから、ネットでじっくり選べるのは うれしいです。
川田さん 私、実家が香川県だから、パソコンみて、実家とやりとりできるのが便利だな〜って思いました。
太田さん 一回お店に足を運ぶと、「決めなきゃいけない」って思っちゃうしね。
佐藤さん でも、どこかで試着はしてみた方がいいかも・・・。
で、自分の路線を決めた上で、安くて便利なネットで選ぶ、と。(^^)
キクヅル運営責任者 久下幸典より
今日は、みなさんおつかれ様でした!色々なご意見ありがとうございました。
確かにネットショップは気軽に試着できないという弱みはあります。これは否定できません。
でも、こんなメリットもあります!


・店員さんの意見に流されずにゆっくり選べる
・友達や親など、色んな人に見てもらって似合いそうなものをアドバイスしてもらえる
・当店でしか借りられないオリジナル袴がたくさんある、などなど


もし、お気に入りの袴スタイルが複数見つかったら、当店のコーディネートアドバイスもご利用
下さい。どちらがお似合いになるかアドバイスさせて頂きます。
3人のモデルさん、今日は生声レポート、おつかれ様でした。
女の子らしいニ尺袖スタイル ゴージャスな袖ながスタイル 先生用シンプルスタイル

ページトップ
Click Click Click Click